グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  診療科・部門 >  看護部 >  地域包括ケア病床

地域包括ケア病床


地域包括ケア病床は、本館4階の一般病棟54床のうち、25床をご利用いただけます。
ご自宅等へ安心して退院できるよう多職種が協働して、ご本人及びご家族への支援をする病床です。
施設基準 地域包括ケア入院医療管理料1
病床数 25床
病棟スタッフ 専任医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、入退支援相談員(社会福祉士・保健師)、歯科衛生士、クラーク

入院対象となる方

  1. 急性期の治療を終え、病状が安定した方で、引き続き経過観察やリハビリ、環境整備が必要な方
  2. 自宅や入居施設で療養中の方で、発熱や怪我等が生じ、軽度な治療が必要な方
  3. 在宅療養中で、時々入院が必要な方(一時的入院・短期入院)

入院費用

地域包括ケア病床は、薬や注射・検査や簡単な処置にかかるほとんどの診療費用が、入院料に含まれています。(一部例外があります。)

  • 医療費 ・・・ 医療保険の自己負担割合(高額療養費等の制度が利用できます。)
  • その他 ・・・ 食費、オムツ・日用品類、診断書作成などは実費